≪用語解説≫自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)とは?

自賠責保険とは?

自動車損害賠償保障法に基づき、車の持ち主が強制的に自賠責保険への加入が義務付けられている保険で強制保険と呼ばれています。交通事故にあった場合、加害者側に被害者は損害賠償を請求するわけですが、加害者側に支払い能力がある場合ばかりではありません。被害者側が最低限の損害賠償金を受け取ることができるものと考えるとよいでしょう。

自賠責保険での治療ができるということは?

自賠責保険での治療ができるということは相手方(加害者)が存在する交通事故だということです。ですのでこういう場合はあて型の任意保険の会社が窓口となり、治療費や慰謝料などを自賠責保険から優先的に支払うということになるのです。

自賠責保険は誰のためのもの?

交通事故にあった際に自分は最低限、自賠責保険に加入しているから自分のケガは大丈夫と思ってはいけません。自賠責保険は「相手方の身体に対して最低限の補償をするもの」ですのでご自身で起こした事故(加害者)のケースや自損事故の場合には1円も支払われません。あくまで相手の身体に対しての保険ですので、相手の車の修理費すらまかなうことができません。ましてやガードレールを壊した、電車の遮断機を折った場合などは全くの対象外となります。

自賠責保険の上限額とは

自賠責保険金の上限が被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円・傷害120万円までと定められています。もちろん前述の通りですがこれは最低限の補償でしかありません。補償額の少ない自賠責保険を補うために任意の自動車保険に別途加入することが一般的になっています。自賠責保険でまかなわれるのは対人賠償に限られる、つまりは相手側(被害者側)の体に関することの最低限の補償のためのものということは忘れてはいけません。※一般的に治療費は一人当たり120万円が限度と言われるゆえんです。

120万円を超えた場合どうなるの?

その場合は一般的には任意保険が足らずをカバーしてくれます。しかし損保会社もいくらでも多くを支払いたいわけではないので、被害者の方とトラブルになるケースがあります。そういう場合には交通事故の専門の弁護士さんなどを通して加害者側や損保会社さんとお話をするのも良いと思われます。

交通事故の際には自賠責保険が使えるライフポート整骨院グループへ

交通事故にあいたくてあわれた方はいないと思います。ですが交通事故はいきなり突然身にふりかかってきます。ある日からあなたは事故の被害者としてケガを負い、今まで処理したことの無い事故処理に直面します。そういう時こそ当整骨院グループへお越しください。ご自身が治療に専念できるようにしっかりとサポートさせていただきます。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★学園都市バナー

ネット予約

078-791-3373

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

西神鍼灸整骨院

ネット予約

078-961-1739

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

妙法寺鍼灸整骨院バナー

ネット予約

078-743-7383